男性型脱毛症に効果的な薬

医薬品

男性における薄毛や抜け毛の悩みというのは、男性ホルモンが影響して発生する「男性型脱毛症」である場合が多いとされています。男性型脱毛症を発生させる男性ホルモンというのはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれるもので、DHTが生成されると毛髪の成長が妨げられるのです。その結果、毛髪の成長期が短くなり、細く短い髪の毛が増えるといった結果になります。DHTが影響は全ての毛髪に影響を及ぼす訳ではなく、その影響は額や頭頂部に集中します。つまり、後頭部や側頭部はDHTの影響を受け辛いのです。近年、その男性型脱毛症に効果があるとして、ザガーロと呼ばれる新薬が注目されるようになりました。
ザガーロは男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンDHTの産生を施す、「5α-還元酵素」のⅠ型とⅡ型の働きを抑えることが可能です。従来の男性型脱毛症治療薬では、Ⅱ型の働きを抑えることしかできませんでした。ザガーロでは、Ⅱ型だけでなくⅠ型の働きも抑えることができるようになったため、より効果的に男性型脱毛症を改善することができるようになったのです。その効果によってDHTの産生が抑えられることで、男性型脱毛症によって細くて短くなってしまった毛髪を太く長いものに変えることができるのです。その効果は、国内外の臨床試験でも実証されています。ザガーロは医療機関でのみ処方される薬で、処方されるのは男性型脱毛症である20歳以上の男性に限られます。つまりは、男性型脱毛症であっても未成年であればザガーロを処方してもらうことはできないのです。また、成人していたとしても男性型脱毛症以外の症状による薄毛や抜け毛の場合であっても、ザガーロを処方してもらうことはできません。